姿勢ダイエット Shisei Diet 姿勢ダイエット e-Shisei Net
TOP 始める前に どうするの 生活 カウンセリング 会員登録 お問合せ
 
ダウンロード_ネット・ダンシング
ダイアリ1
ダイアリ2
姿勢人プロジェクト
姿勢人プロジェクト
ビオトープ Biotope 環境 地域 不動産
ビオトープBiotope
 
摂取エネルギーと消費エネルギー
食事等から取り入れたエネルギー>消費するエネルギー
この状態が持続すると「ふとる」
取り入れたエネルギーの余った一部は、タンパク質やグリコーゲンとして肝臓や筋肉等にたくわえられるが、残ったエネルギーはその状態の持続と共に脂肪組織となり、ふとる。
からだの消費エネルギー
基礎代謝
エネルギー消費量最大
呼吸・心臓の拍動・体温の維持・筋肉の収縮
1日24時間
基礎代謝(kcl)=23.2×〔(身長-100)×0.9〕
食事誘導性熱産生
活動代謝
食後、自律神経により起こる
からだを動かすことにより起こる
 
女性がふとるのは?
女性がふとりやすい時期
思春期
女性ホルモンの働きにより、皮下脂肪が増えて女性特有の体型になる
妊娠・出産期
妊娠中に8〜10kgの体重増で、運動と食事を気をつけていれば、出産後ふとらない
更年期
閉経後はエストロゲン(女性ホルモン)の減少により、脂肪がたくわえられやすくなる
男性がふとるのは?
男性がふとりやすい理由
仕事上のつきあいなどで過食になりやすい(高カロリー高脂肪食)
女性より基礎代謝の高い男性(男性の方が筋肉量が多く体脂肪が少ない)が運動不足を続けていると、基礎代謝が下がり、ふとりやすくなる
  基礎代謝の重要性
一日の消費エネルギー
基礎代謝
60〜70%エネルギー消費量最大
食事誘導性熱産生
活動代謝
30〜40%
基礎代謝の低下に注意
加齢と運動不足により、基礎代謝が低下する
その他のふとる原因
脂肪細胞の肥大化・増加
脳の視床下部にある食欲中枢の調節
レプチン(脂肪細胞中のホルモン)の作用
基礎代謝の低下を防ぐには
活動的な生活と積極的な運動習慣により体脂肪を適正に調整し筋肉の量と活動量を増やす事です。
立つための筋肉(抗重力筋群)をしっかり使って立ち、身体が的確に動くようになれば、体脂肪は減り筋肉が活性化され基礎代謝量が増えてきます。
 | 広告掲載 | 姿勢ダイエットについて | サイト登録 | リンクについて | お問合せ