姿勢ダイエット Shisei Diet 姿勢ダイエット e-Shisei Net
TOP 始める前に どうするの 生活 カウンセリング 会員登録 お問合せ
ダウンロード_ネット・ダンシング
ダイアリ1
ダイアリ2
姿勢人プロジェクト
姿勢人プロジェクト
ビオトープ Biotope 環境 地域 不動産
ビオトープBiotope
姿勢ダイエット・メソード
メソードは、「良い姿勢で立つ」事を基本にした身体運動法です。(参考:姿勢人メソード)
良い姿勢である事は、美しいプロポーションへの近道であり、動作を美しくスムーズにする上からもとても大切です。
旧来のエクササイズ的運動の多くは、量ではかられる事が多く質を忘れてきました。姿勢ダイエット・メソードは「姿勢」をテーマに運動の質の向上を目指します。
従って、見た目に少ししか動かしていないようでも、運動の質を向上させると、こんなにダイエット効果があるのかと驚かれる方がたくさんいらっしゃいます。
Web上でご紹介できるメソードには、対面でご紹介するメソードよりも注意が必要なので、運動範囲、運動量等を控えめにしてあります。
運動経験が豊かでもっと運動をという方は、お問合せ下さい。また、ダイエットをするとき重要な「消費エネルギー」と「姿勢」について下図を参考にしてみて下さい。
 
ダイエット用の運動というと、過酷な一杯汗をかく運動が効き目の上からもいいのではないかと思ってる方が多いかもしれません。また、過酷な大汗をかく運動は、嫌いだからしたくないという方も多いかと思います。現在では、ハードな運動をして多量の汗をかくことは、健康・美容の面から問題があると思われています。
(理由…怪我をしやすくなる。長続きしない。皮膚によくない。体調を崩す。その他)良い「姿勢」で積極的に身体を動かす。これだけでも、的確にできればダイエット効果がでてきます。この姿勢ダイエット用の姿勢人メソードは、日常生活活動程度か少し汗ばむか程度の運動を中心につくられています。
つらい・痛い・無理な動きは、健康に良く無いばかりか、かえって怪我をしやすくなりますので、
気持ち良い・軽い・ゆったりした動きを心掛けて下さい。

A. 呼吸について

    1. メソードの際、意識的に呼吸する時、息を吐く時は口から、吸う時は鼻から吸います。
    2. 原則的に身体を伸す、力を入れる、胸をせばめるとき、息を吐きます。
      身体元に戻し、胸を広げるとき、息を吸います。ただし、運動目的により変わる事があります。
    3. 胸式の浅い呼吸でなく深呼吸を心掛けます。
B. 動きについて
    1. 動きの始めと終わりは、弱く柔らかく動き、勢いをつけて乱暴に始めたり終えたりしないようにしましょう。
    2. 気持ちの良い範囲で動き、痛みを伴う無理な動きはしないようにしましょう。
    3. ゆっくり正確に動き、早く無理に動かないようにしましょう。
    4. リラックスをこころがけ、ゆったりのびのび動くようにしましょう。
C. 全体について
    1. 大量の汗をかく無理な運動はしないようにしましょう。
    2. きつい無理な運動をしないようにしましょう。
      目安■健康回復目的・少し体調の悪い人■1分間の心拍数120拍以下
      ■医師の指導を受けている人(程度によります)■1分間の心拍数110拍以下
      ただし、個人差があるので個人的注意が必要です。
    3. 人と競争せずマイペースを心掛けるようにしましょう。
    4. 水分を良くとるようにしましょう。
    5. 空腹時・満腹時には、運動をさけましょう。
 | 広告掲載 | 姿勢ダイエットについて | サイト登録 | リンクについて | お問合せ